バストアップ効果が期待できるプエラリアサプリを実際に飲んだ方の口コミで効果があったサプリメントを人気順にランキング。バストアップサプリの副作用、やめたら胸が小さくなる?といった疑問もここで解決!胸を大きくしたい女性に役立つ情報まとめ

バストアップサプリの副作用とは

      2016/10/07

バストアップサプリも摂り過ぎはよくありません。
無害の水でさえも、飲み過ぎることで水中毒という症状を引き起こす危険性もあります。

バストアップサプリも飲み過ぎることで場合によっては副作用が起こることがあるので、バストアップサプリメントのリスク、危険性知っておきましょう。

バストアップサプリの副作用

しっかり用法用量を守って飲めば安全ですが、効果を期待してたくさん摂取する方もいます。
一度に大量に飲んだからといって、すぐに胸が大きくなることはありませんので、飲み過ぎに注意してください。

バストアップサプリの副作用として、「吐き気」「倦怠感」「頭フラフラ(貧血)」などの症状があげられます。
過剰摂取したり、お酒と一緒に飲んだ時に症状が出やすいので飲み方については十分に気をつけましょう。

また、生理の時に飲んでもいいのか、妊娠した時に飲んでもいいのか、サプリによっても異なりますので、購入する際に確認しましょう。

「安全、安全性、安心、痛い、影響、お酒、体に悪い、過剰摂取、危険、喫煙、健康」

1日の摂取量の上限を超えてしまうと本当に危険です。
それは副作用があるからです。

バストアップサプリの副作用
・乳がん
・子宮がん
・月経不順
・排卵障害
・不妊症
・生理痛
・頭痛、腰痛
・血行不順、冷え症

バストアップサプリ購入を考えている人、危険性知ってますか?

副作用が現れやすい場合

  • 飲み過ぎてしまった
  • 飲む時期を間違えた(卵胞期と黄体期)
  • 生理の最中
  • 妊娠中
  • お酒と一緒に飲んでしまった……等

バストアップサプリは女性ホルモンに働きかけるので、過剰摂取は厳禁です。
たしかに、女性ホルモンの分泌量を上げることによって効果を発揮する性質上、多ければ多いほど良いと考えてしまいますが、それはやってはいけません。
大切なのはバランスです。
過剰分泌になったり、分泌バランスが崩れると、副作用の原因になります。

生理・妊娠中も同様で、ホルモンバランスが崩れやすい時期の摂取には注意が必要になります。
特に妊娠中や授乳期は、赤ちゃんへの影響が懸念されますし、母乳にも影響が大きいので、避けるのが良いでしょう。

それから、お酒と一緒に飲むのも避けてください。
肝臓は女性ホルモンを分解する所で、肝臓のおかげで血中のホルモンバランスが保たれていると言ってもいいほど。
そこにお酒が入ってしまうと、肝臓が機能しきれず、ホルモンバランスが崩れたり、体調を崩す原因になってしまいます。

具体的な症状

  • 体のむくみ
  • 吐き気
  • 生理不順
  • 貧血
  • 便秘
  • 体がだるい
  • 肝臓の数値が上がった
  • 精神的に不安定……等

バストアップサプリの副作用は、ホルモンバランスの崩れからくるものです。
ですから、月経前症候群に似た症状が現れます。
月経が重い方、もとから貧血気味の方は注意してください。

また、女性ホルモンは肝臓で分解されるため、過剰に摂取するとそれだけ肝臓が働かなければならなくなり、肝臓が疲弊してしまいます。

副作用を起こさないためには

  • 用法・要領を守る
  • 成分を把握しておく
  • 飲む時期を考える(卵胞期と黄体期)

基本的にはこの3つを守ってください。
用法容量を守るのはもちろんのこと、サプリメントの成分を把握し、エストロゲンならば卵胞期、プロゲステロンなら黄体期に摂取するようにしましょう。

また、ご自身の体調も把握してください。
もともとホルモンバランスが崩れがちな方がサプリメントを摂取しても、余計にホルモンバランスを崩す結果になり、副作用が起きることがあります。

効果的に、かつ副作用を起こさないでサプリメントを摂取するには、まずご自身の月経周期を把握し、いつが卵胞期で黄体期かはっきりさせることをお勧めします。
わからない方、もしくは生理不順の方は、まず基礎体温をつけるところから始めてください。