バストアップ効果が期待できるプエラリアサプリを実際に飲んだ方の口コミで効果があったサプリメントを人気順にランキング。バストアップサプリの副作用、やめたら胸が小さくなる?といった疑問もここで解決!胸を大きくしたい女性に役立つ情報まとめ

バストアップサプリは生理中に飲んでも大丈夫なの?

      2016/07/05

バストアップサプリを使用する時、気になるのが「月経の最中に飲んでも良いのか」という点です。

結論から言うと生理中にバストアップサプリを飲むことはよくありません。

というのも、プエラリアは月経後から排卵期まで増加するエストロゲンに影響しますので、月経中に飲むとホルモンバランスが崩れ、不正出血や生理不順、生理が重くなる等の副作用を引き起こす可能性があります。

配合や種類によって、生理中に飲んでも大丈夫なサプリメントもありますが、まず避けた方が無難です。

卵胞期と黄体期

女性の月経周期には、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期があります。

卵胞期(月経後が終わってから排卵が始まるまでの期間)は、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が多く分泌されます。低温期とも言われます。
生理後はなんだか肌の調子がよかったり、痩せ易かったり、そんなことを実感している女性も多いと思います。
キラキラ期とも呼ばれることがあるくらい、卵胞期は女性の身体の調子が良い時期なのです。

黄体期(月経前)は、もうひとつの女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が多く分泌されるようになります。高温期です。
プロゲステロンが体温を上げ、血流を良くすることにより、子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすいように子宮環境を整える働きをします。
月経前症候群の症状が出るのもこの時期です。
精神的にも肉体的にもなんだか疲れやすくなったり、鬱っぽくなったりする場合が多いです。
女性にとって生理前は、なかなかストレスのたまる時期でもあります。

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れたり、分泌量が多かったりすると、便秘や肌荒れを引き起こす原因になります。
ですから、毎日ずっとエストロゲンだけ、もしくはプロゲステロンだけ飲んでいると、ホルモン分泌の異常が起こってしまう可能性があります。

バストアップサプリには、胸を大きくくするために女性ホルモンのエストロゲンによく似た「植物性エストロゲン」などが含まれています。
そのようなバストアップサプリを生理中も変わらずに飲むというのはどうなのでしょうか。

つまり「卵胞期と黄体期によってサプリを飲み分ける必要がある」です。
・卵胞期…エストロゲンの分泌が多くされる時期ですから、「植物性エストロゲン」が含まれるプエラリアなどを含むバストアップサプリを使用しましょう。
・黄体期…プロゲステロンの分泌が多くされる時期ですから、プロゲステロン様成分を含むバストアップサプリを使用しましょう。
先ほど挙げた例の中だとワイルドヤムなどです。

 もしも、卵胞期や黄体期を考えずにサプリを飲んでしまうと、生理不順や不正出血などを引き起こす可能性があります。
また、プエラリアは穏やかな作用をするブラックコホシュと比べると強い作用がある場合があります。
しっかり自分の体調を見ながら服用しましょう。
バストアップサプリの成分の組み合わせは多数に及ぶので、一概に決めつけずに、服用しようとするバストアップサプリの説明をよく読むようにしてください。